離婚について

男ができると妻は強い

ふっくんの離婚騒動を見ていると、


あぁ、典型的だなぁ


と思います。



ふっくんが離婚について
「そんな考えがあったのか」
と危機感が薄かったことも、


奥さんの浮気相手が、
本気ではないのでは?と言われているのも、


本当に、よくある、
日頃ご相談を受けている、
案件の典型です。



今まで我慢していた妻は、
男性ができると、強いですね。



これで、男性が
「本当に離婚するとは・・・
 僕の所にこられても困ります」
で、逃げて行ったとして


妻が
「あの人は私の背中を押してくれたに過ぎない!
これからは前だけを向いて、
自分らしく生きていく!」


になるのか


旦那さんの元に戻るのか



その後の旦那さんの行動によっても、
変わってきますよ!



旦那さん側からの

「妻に戻ってきてほしい」

というご相談、
数多く寄せられています。

これは自虐なの?

こんにちは! いよいよスイカの季節ですね、イワモッチです☆


先日『自虐の詩』って映画を観ました。
     ↑このホームページ、おもしろいです^^


原作の漫画、
ほんのちょこっとだけ読んだことがあるのですが、
この物語って、
どれだけ夫が暴虐無人に振舞おうと、
妻は夫が好きで好きで幸せ♪
ってところに面白みがあったのでは・・・

ちょこっと覗いただけなので、解ってはいないのですが、
そんな物語だと思って、映画を観たのです。

しかし映画は、妻が幸せを感じているようにはとても見えない。
失踪した母親に
『あなたはなぜ 私を産んだのですか?』
と問いかけたり。

周りに迷惑をかけまくり、
事あるごとにちゃぶ台をひっくり返す夫に
慎重に言葉を選んでビクビクと接する妻。
「う~~む・・・・・」と辛くなりながら観てました。

もちろん、妻の幸せ探しはハッピーエンドで終わるのですが、
現実は、そう上手くはいかないですよね。

しかし、
他人から見ると「どうして別れないの?」
って夫婦はたくさんいます。
映画では、妻の生い立ちや二人の絆が描かれていますから
簡単には別れられないよね、
と理解できますが、
子どもが出来れば夫が改心するなんて、
滅多にありません。

3億円が当たるより、確率低めと私は考えます。

それでも本人が幸せだと思っているなら
それでいいのが夫婦かも。
(子どもを巻き込まなければ、だけど)

老けるんですよ、ホントに

こんばんは。 先日また派手に車をぶつけた、イワモッチです☆


相変わらず、
何でこんなところで?!って場所でぶつけて・・・
今回はかなりの傷を負わせてしまいました。
すごい音がしましたもん。ボォゴッみたいな。

しかし被害は私の車だけだし、
こんなことで落ち込んでるなんて時間の無駄だわっと、
その足で一人カラオケに行ってみたのですが、
いまいち楽しめませんでした。
次の日には忘れてましたが。


さてさて


ストレスって、
抱えている時よりも、
山を越えた時のほうが、体に影響が出やすいそうです。

そうなんですよ!
離婚のストレスも、全て終わってほっとした瞬間に
影響が出てきます。
老け込んじゃうんです。

特に30歳過ぎて出産して、
子どもがまだ3歳以下くらいで離婚問題に直面した女性は、
離婚と育児のダブルパンチで、ホントに老けます。

私もかなり老けました。
離婚が成立して、その後の手続きでバタバタして、
全て終わって鏡を見た瞬間、愕然です。

あぁ・・・・
あの頃もっと気をつけていれば、
今頃見た目年齢-5歳は余裕だったハズ。
体重も子どもを産む前よりも+5キロのままだし。
って、それはただの私の怠惰ですねー。

なんだかもう、
30代の離婚については、言いたいことがてんこ盛りなので、
まだまだ続きます!

離婚で老け込むなんて損!

こんばんは。 GW楽しんでますかー、イワモッチです☆


あまり大きな声では言えませんが、
最近どうしても腑に落ちないことがあるんです。

・・・「豚インフルエンザ」ってどこへ行ったんでしょうか?

ある朝目が覚めたら、
あれだけ報道されていた、メキシコのブルーマスクの映像が見当たらず、
感染者数も変わってるし・・・

誰かに聞いたら、
「そんなことも知らないの?」って呆れられそうです。

祝日とか連休とか、全く関係ない生活ですから、
その上、「新型」とか、
もう世の中から取り残されちゃった気分です(>_<)



閑話休題



私のお客様は、
圧倒的に30歳代が多いのですが・・・

30代って、女性にとってはとってもとってもとっても
そう
とっても大事な年代だと思うのです。

私はもうすぐ30代を卒業しますので、
それが客観的にもよく分かります。

自分の離婚問題で悩んでいた時、
そこのところを誰か、アドバイスしてくれてたらなぁ~と
今でもしみじみ残念に思います。

今回、
そんな話を書こうと思っていたのが、
うっかり豚インフルエンザで行数使っちゃったので、
続きは次回☆

離婚後の生き方

こんにちは!
BSで「デス妻4」が始まってウキウキしてます、イワモッチです☆


今日は、とても嬉しいお客様が来て下さいました。
昨年まで長いこと、他県から何度も通って下さったお客様です。

案件に決着がついて、新しい生活が始まり、
まだまだお忙しい時期だというのに、
わざわざ遠くまで会いに来て下さるなんて、
本当にありがたいことです。

あまり得意ではないのですが、
昨夜は遅くに電動ミキサーの音を響かせ、
ケーキなんて焼いてみました。


お客様とは、これからの仕事について、
色々お話しました。
私も通ってきた道なだけに、
今のお気持ちはしみじみ解ります。
私が離婚したのも、同じ30代前半。
微妙な年齢です。
もう決して若くはないけど、まだ選択肢はかなりある・・・
迷いが多い年齢だと思います。

特に主婦業に専念していた女性は、
離婚後、一人で扶養家族を抱え、社会に出ることって
不安というより、恐怖ですよね。

色々な場所で、
この仕事を始めたきっかけや、資格のこと等、
仕事について質問されることが多々あります。
これからは、そんなお話もこのブログでしていきたいと思います。
今、悩んでいる方や、迷っている方の
少しでも参考になれば・・・と思います。


「今、出来る事を一つ一つやっていけば、
自分が本当にやりたい事が見えてきますよね!」
とお客様が仰っていました。
本当に聡明で素敵な女性です。
「今度は更に良い報告ができるよう、頑張ります!」
と爽やかな笑顔が輝いていました。

お客様のプライベートまで、深く関わるお仕事ですから、
当然、お一人お一人に深い思い入れがあります。
「お元気かなぁ」と思い出すことも度々です。
それだけに、久しぶりにお会いできると本当に嬉しいですね。

私もお客様に恥じないような生き方をしなきゃ!
でも、無理せずマイペースでやってこ。
なんて思った、イワモッチでしたっと。
ギャラリー
  • 安室さんといえば思い出す
  • グラチャン 全日本男子バレー
  • ご無沙汰してます!
  • 今年の手帳と来年の手帳
  • 今年の手帳と来年の手帳
  • コストコの塩サバ
  • コストコの塩サバ
  • コストコの塩サバ
  • ワールドカップ 男子バレー