いろいろ

グラチャン 全日本男子バレー


20年振りにギックリ腰をやりまして・・・
かなり酷くて、一週間位寝たきりでしたが、
その間の唯一のお楽しみが、グラチャンの男子バレーでした。


息子が中学でバレーを始めたことで、全日本の試合を見るようになったので、
グラチャンを見るのは初めてでしたが、マスコミのバレーの扱いって昔からこんな感じだったんですかね?
それとも石柳ブームがすごいことになっているから??

gc2017

結果は全敗、最下位。
ネットを見ると、猛烈なバッシングですね。
日テレの番宣のやり方だったら、普段バレーを全く見てない人は、
日本がグラチャンの優勝候補なのかな?って思っていたんじゃないかな?
グラチャンがどんな大会なのか、そんな話は全く見当たらなかった。


ところでバッシングの中に、全日本男子がチャラチャラしている。
ミスしてもヘラヘラ笑っている。気迫が感じられない。
という声がたくさんあったことが、私としては意外でした。


息子が中学時代、バレー部の顧問に一番怒られていた事といえば、
「笑え!喜べ!」
点を取った時に笑ったり、ガッツポーズでコートをぐるぐる回ったり、
という練習を延々とやらされていました。(それでも笑わない息子)


バレーは『流れのスポーツ』とよく言いますが、
チームに少しでも暗い空気が流れると、あっという間にやられてしまいます。
高校ではそこら辺徹底されていて、本当にみんな元気に声を出して笑顔でお互いを鼓舞しています。(息子もやっと笑うようになった)
笑顔が消えた選手は、すぐさまコートから外されちゃうんではないかな?
それがチャラチャラ、ヘラヘラに見えるのかな?


スポーツですから、負けたらバッシングを受けるのはしょうがない。
卵を投げつけられなかっただけましかもしれない。
見ていて日本の男子バレーに希望を持てる試合では、なかったかもしれない。
課題ばかりが目に付く試合だったかもしれない。
でも、ヘラヘラしていたように見えていたのなら、本当に残念です。


それにしても、テレビの解説は本当に酷かったと思います。
バレーの面白さを不特定多数の視聴者に伝える気のない、誤解させて混乱させるばかりの解説。
外国人選手は大きいから強い、としか印象付けられない解説は必要なのかな?


そして最も残念なこと、言葉の重みを知らない監督のインタビュー。
スター選手だった時には、いくら薄っぺらいことを言っても許されたかもしれないけれど、
日の丸を背負った全日本監督の今、言葉一つ一つが足元をすくいかねないという自覚はあるのか?
放った言葉は取り消せないですから。
監督は、自分のインタビューの録音をおこして、読んで、自分がどんなに矛盾したことを言っているか、聞く人を不快にさせる表現をしているか、言葉のチョイスが間違っていないか、
客観的に分析したほうがいいです。
監督を続けるうえでも、今後の人生においても、絶対やったほうがいいと思うぞ。


それにしても、バレーをやっている子を持つ親としては、何とも後味の悪い大会でした。
息子の高校の先輩も出ていたので、もっと希望を持てる試合を見たかった。
選手がどうこうではなく、バレーボール協会や監督や解説やマスコミに対してモヤモヤする大会でした。
現在、体育祭も文化祭も修学旅行もなく、寮に入ってバレー漬けの息子。
たぶんこのまま大学でもバレーをすることになると思うけど、
その先は他に目を向けたほうがいいかもな~と考えてしまいました。
まあ、実力的に大学止まりになるんでしょうが。


































今年の手帳と来年の手帳


いつもギリギリになって買いに走るので、
今年は早めにスケジュール帳を買いました。


10月スタートの手帳なので、
そろそろ使い始めようと思います。


ちなみに、こちらが今まで使っていた、
今年の手帳。






IMG_1192




そして、これがこれから使う
来年の手帳。







IMG_1191




ついでに、
これが再来年買う予定の手帳






IMG_1192





再来年の次の年は、この手帳にする予定







IMG_1191





再来年の次の次の年はこの手帳。






IMG_1192





再来年の次の次の次の年は・・・





そろそろ止めときます。











近々作ろうと思っているおかず


大好きなブログ

http://ka-tan.blog.jp/ (カータンBLOG)


そこでカータンが紹介している


『豆腐と高菜の炒め物』



娘さんから、将来結婚するときは絶対教えて!
と言われているレシピだそう。


動画を見ると、とても簡単そうで、
作ってみようと思うけど・・・・


正直、見た目がいまいち!!


カータン大好きだから、疑うわけではないけど、
本当に美味しいのか?!


息子にも見せたら・・・










「・・・・・・・・作らんで」


と一言。


しかし私はカータンを信じて、近々作りますよ。
美味しかったら、最高に簡単でもりもり食べられる
中学生男子飯になるはず。





明日死ぬかもしれない自分

私のささやかなお楽しみは、
寝る前に本を読むこと。
眠くて眠くてカクカクしながら、もうちょっともうちょっと
あぁもうだめだ。パタン。
と寝入るのがたまらない。
ってなんだかドMですね。
ホントはドSだけど。


で、最近の本の選び方は、
週一回、図書館で3,4冊を5分で選ぶ。
これが結構、はずれなしなのだ。



特にこの本。

山田 詠美
幻冬舎
2013-02-27



久しぶりに泣いてしまった。
それも最後の数行で。


ステップファミリーの長男が亡くなり、
それぞれ兄弟の視点から語られる物語なんだけど、
最愛の息子を亡くした母親からはなにも語られない。
なにも語らないのに、常に物語の軸だ。


子どもが母親の愛を欲している姿って、ホントにせつない。
ハッと息を飲んでしまうラスト数行のためだけにでも、
読む価値ありの一冊だと思います。


山田詠美って、デビューの印象が強すぎて、
今まで一冊も読んだことなかった。
これから少しずつ読んでいこうと思う。








無事でありますように

岡山の女の子の無事発見というニュースを
まだかまだかと待っているんですが・・・



「迎えに来て」と電話があって、
その日に限って行けなかったお母さんの気持ちを思うと、
たまらなく胸が痛みます。



不審な車を2回も通報して、
GPSまで持たせていたのに。
親は子どもをどうやって守ったらいいんだろう?



一分一秒でも早く、無事に保護されることを祈っています。
ギャラリー
  • 安室さんといえば思い出す
  • グラチャン 全日本男子バレー
  • ご無沙汰してます!
  • 今年の手帳と来年の手帳
  • 今年の手帳と来年の手帳
  • コストコの塩サバ
  • コストコの塩サバ
  • コストコの塩サバ
  • ワールドカップ 男子バレー