離婚専門行政書士

安室さんといえば思い出す



ギックリ腰になって今日で12日目ですが・・・
なかなか 痛みがひかず、さすがに気持ちが落ちています。


昔は一週間くらいで治っていたような気がしますが、
長引くのはやはり年齢も関係するのでしょうか。
日頃の運動不足も原因だろうなぁ。


ID-100268212-300x225


ところで、
安室奈美恵さんが引退を発表してびっくりでしたが、
安室さんといえば、離婚時に「親権」と「監護権」を分けたことで
とても印象に残っています。
当時珍しかったですよね。
その後、親権のご相談で、よく例に挙げさせていただきました。


安室さんは数年後に調停を経て親権を変更したそうですが、
普通、親権者の変更は簡単ではないので、
親権を決めるときには慎重に!




年末

年末というにはまだ早いかもしれないけれど、
私はすっかり年末モードです。
このまま来年まで突っ走ります。


毎年この時期は、ご相談がドンと増えます。
何故でしょうか、離婚だけではなく不倫の慰謝料請求も増えます。


昨日は朝から、急いでクッキーを飲み込んで仕事。
午後4時に冷凍パスタをチンして仕事。
午後10時に冷凍うどんをチンして仕事。


あぁ、このままでは肌も髪もボロボロですね。。。
爪がすぐ割れます(T_T)


今朝は7時から内容証明を2通作成です。
内容証明って、
「郵便局に保管用」「相手用」「自分用」
と同じものを3枚セットで作るんです。


だから依頼が重なったときは、とても気を使います。
万が一があったら、大惨事です。


色々な郵便局で内容証明を出してきましたが、
天神と博多の郵便局は、手続きがとても速いです。
その他の郵便局は、すごーーーく待たされます。


郵便局の役職の方から、
「ミスがあったのでお伺いしてしてお詫びしたい」
と電話があったのも2度3度ではありません。
重要な書面なので、ミスはあっちゃいけませんね。


年末は、郵便局が激混みです。
駐車場待ちで列ができます。
局員さんの忙しそうなことといったら!


さて、これから朝ごはんを食べようか考え中です。
ご飯食べたら、絶対眠くなって大変そうです。
食べても食べなくても、残念ながら痩せることはないんですよね~。





浮気が先か、鬱が先か

時々
夫がウツになって、離婚してほしいと言われています。
というご相談を受けます。



ウツになった原因を訊くと、
仕事の人間関係。
激務で疲労困憊している。
という話が多いです。



でもよくよく訊いてみると、
仕事がつらい。
仕事を辞めたい。
と言いながら、
仕事は休まず毎日行っているんです。



2606288576_a29d7e7fc6_convert_20140606192719.jpg




そこで、ご主人がどんなことを言っているのか訊いてみると、

一人になって考えたい。

人生をリセットしたい。


と、曖昧なことを
「ウツだから」という理由で言ってます。



でも、ウツであるなら、
まず原因になっている仕事を辞めるべきで、
離婚をして一人になったらウツが治るという、
発想自体に矛盾があるのでは??



もちろん、奥さんが原因でウツになったのなら話は別ですが。
病気になったときこそ、家族の協力が必要です。



夫がウツになって離婚と言っています。
というご相談は、
殆どが、本当の原因は浮気でした。



浮気をしたから、ウツを偽って離婚に持ち込もうとしたのか、
ウツになったから女性に救いを求めたのか、
夫婦間のことって、当事者には見えないことがたくさんあります。

結婚は安定?!

昨夜何気なく見たテレビが、とても面白かった!



ビートたけしのTVタックルです。
テーマは
『結婚できない国ニッポン』



婚活中の女性が出ていたのですが、
印象に残ったのが
「結婚したいのは、安定したいから」
という言葉でした。



私は思うんですけど、
本気で一生安定した人生を送りたいのならば、
独身でいるしかないのでは・・・



相手の人生を背負うことになる結婚が、どうして安定なのだろう??



こういうテーマでは、婚活中の女性ばかりではなくて、
草食と言われている男性も呼んで、是非意見を聞いてほしい。
結婚相手に望む条件とか。



「家賃や生活費は全て折半してくれる人」
「自分の母親を大切にしてくれて、できれば同居」
「好きなだけゲームをしても、文句を言わない人」



そんな本音が聞きたいけれど、
女性陣から「女は家政婦じゃない!」とか攻撃されて終了なんだろうなぁ。

本当にもったいないと思う件

他人に対して
暴言を吐いたり
無視したりしたら、
どうなるか・・・


でも、家族に対しては許される。
危機感がないって、どうだろう?


こんなご相談って、とても多いです。


離活のためのアラフィフ貯金日記




すごくリアルでわかりやすい案件です。
こんなに優しい奥さんを、夜逃げのような状況に追い込んだ、
旦那さんは、今頃
後悔してもしきれないでしょう。


この旦那さんは、解っているけどやめられなかった。
奥さんにどっぷり依存していたわけですが、
経済的にも精神的にも、奥さんを逃げられない状態にして
追いつめている夫も多いです。
完全にモラハラです。
ギャラリー
  • 安室さんといえば思い出す
  • グラチャン 全日本男子バレー
  • ご無沙汰してます!
  • 今年の手帳と来年の手帳
  • 今年の手帳と来年の手帳
  • コストコの塩サバ
  • コストコの塩サバ
  • コストコの塩サバ
  • ワールドカップ 男子バレー